スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争法案なるものについて

最近、思考力なるものがとろけているので、ここらで筋トレならぬ思考力トレをしようと考えておる。

その一貫で、様々な事柄に自分としてどう考えるか、ということをやっていこうと思ふのである。
今日はその第1弾。で、戦争法案なるレッテルについて?かなと。

いままで、安保に賛成ながらも、どのような法案であるか読んでなかったので、このまえ読んでみました。
そういう方って結構いるんでないでしょうかね。賛成派にも反対派にも。

で、思ったわけです。

どこが戦争法案なんだろう?と。

条文だけ読めば、後方支援を許可&自衛隊の助太刀許可、としか書いてないわけですよ。
さらに、附帯決議に、野党からの指摘によって(与党提出法案に対する対案と修正が野党の役目だと思うんですが、共産党やら民主党は反対ばかりして、まさに審議時間の無駄でしたね。)、国会の役割を高めるよう記載されたわけです。

これでなぜ戦争法案なんでしょうか。レッテル貼りも甚だしい。

ましてや徴兵制なんて、この条文から全く読み取れない。
もはや日本国の安全を脅かす中共から援助を受けているのかと思うような、ひどいミスリードでしたね。

また、海外での武力行使ができるようになるからと言って、すべからく武力行使を行うわけでもありません。
国会がしっかりとチェックするわけです。

武力行使は外交の最終形、といったのはクラウゼヴィッツですが、日本の外交力を高めるためには、平和の理念を前提にしながらも国際的に認められている武力行使は行えるようになるべきだと思います。

その武力行使が、時の野党によって侵略に使われそうな時にこそ、国会の場で反対の論陣を貼るべきでしょう。

昨今のデモでは、武力行使ができるようになると平和国家でなくなるといった声が聞こえましたが、それは違う。
平和の理念に基づかない武力行使を行った時に、平和国家でなくなるのではないでしょうかね。

刀は抜けるから抑止力になります。しかし、その刀を抜くか否かは持ち手にかかっているわけです。
法案反対派はもう少し日本国民の理性を信用するべきだと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

DreamingMan

Author:DreamingMan
とある30代前半なクソヲタちょい脱出した恋愛初心者による血と涙のブログ

いざ行かん!彼女ゲットへの道!

君はオタの涙を見る!!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。